メインメニュー

サブメニュー

健康食品とは

健康食品という言葉は、誰でも聞いたことがあるはずです。健康食品は、すぐれた栄養素をもっていて、健康促進に非常に良いる食品というイメージをお持ちでしょう。ところで、健康食品とは具体的にはどのような基準の食品でしょうか。実は、法律上の定義はありませんし、その基準もありません。一般に健康食品は、健康に関する効果を表示して販売している食品と捉えられています。例えば、栄養補助食品、健康補助食品、サプリメントがあります。法律上定義している健康食品は、保健機能食品と呼んでいます。保健機能食品は、健康食品に含まれる食品で、生理的機能、特定の保健機能の有効性と安全性を国が審査し、許可をとった食品になります。

従って、商品に保健機能食品を明記されていれば、安全性や機能性は国によって保証されており、安心できる健康食品と言えます。保健機能食品は、さらに、特定保健用食品と栄養機能食品に分類されます。特定保健用食品とは、体の生理的な機能に影響を及ぼす保健機能成分を含んだ食品のことです。例えば、血圧、コレステロールなどを正常に保つことを助けたり、お腹の調子を整えることを助けたりする食品です。栄養機能食品は、栄養成分の補給を目的とした食品で、栄養成分の機能が表示されている食品になります。表示は、一日あたりの目安となる摂取量に含まれる当該栄養成分量が定められた基準値の範囲内のあること、注意事項の表示もなされていることが必要になります。このように、健康食品は明確な定義はありません。

従って、健康食品というだけで単純に食品を購入するのではなく、商品に添付されている様々な情報に一通り目を通して、健康食品を購入するように心がけていきましょう。